社会人になったら

今まで聞かされた「社会人になったら」をかき集めたら、どんな人間になるんでしょうか。
 
波風を立てないように気を付けていて、休日だけが楽しみの、人間でしょうか。
今のところ、そんな感じのイメージが圧倒的な強さを誇っています。
 
申し訳ないですが、あまり楽しそうではありません。
もうすでに「社会人になった」僕ですが、ほとんど先輩しかいない世界なわけですから、色んな「そのうち」とか色んな「3年経ったら」を聞かされます。
 
同様に、「社会に出たら」「社会とは」もよく聞きますね。
これまた窮屈な世界のようです。
 
少々愚痴っぽくなってしまいましたが、
仕事や社会の楽しさを語ってくれる方にお会いしたいものです。
自分自身も、楽しさを見つける努力は絶えずやらねばなりませんね。

また無題

年齢の割に落ち着いている、ということは良いことなのだろうか。

僕は「落ち着いている」と言われることが多く、そう言われると嬉しく思う時も多々。

 

しかしふと思ったんですが。

それは、同世代の人が持っているはずの大事な何かが欠けている、

とも言えなくはない。

 

「そっか」の「か」と「ですよね」の「ね」が隠すもの すり切り一杯分の悲しみ

 

どこかに置いてきてしまっただけなのか、自分で捨てたのか。

どうなんでしょう。

 

いや、待った。欠けている、というのはちょっと違くて

その分の空き容量がない、という方が正しい気がする。

 

写真を撮りすぎてしまって、iPhoneのストレージがいっぱいになるように。

 

不要なものは削除できればいいんだけど。

「こうなったらどうしよう」

とか

「どうせこうなるから」

とか

そんなことを考えまくり、それでも行動を起こす人は、とても強い。

 

色々考えた挙句、結局何もしなかった。

そういう経験を何度もしています。

 

いくつか、記憶にあります。

 

用もなくメジャーセブンを弾く指は 青く儚い春を羨む

行動的な人間になるにはどうすれば良いのかというと、行動することだといいます。

素直に思いを伝えられる人間になるにはどうすれば良いのかというと、素直に思いを伝えることが一番の近道だといいます。

 

「それができないから困ってんだろ!」

、、、全くの同感です。

 

アドバイスする度誰かの声がする「そう言うお前は何をしたんだ?」

 

誰かにアドバイスをさせていただく度に、そう思います。

 

「何が足りないか」という問いに置き換えてみると答えは簡単で、

変化と変化に伴う痛み、です。

 

時々感じる停滞感とか何となく感じる不安とかは、おそらくそのあたりから来ているのでしょう。

あると思います

高卒で働いている方に

「大学って意味あるの?」と聞かれたことがあります。

 

僕は、すんごく有意義、だと思います。

蛇行し放題、寄り道し放題だからです。

 

大学生の頃の自分は、いわゆる「意識高い系」に近かったと思います。

最短距離ばかりを走ろうとすると、面白いものを見逃してしまいがちです。

 

悩んでた 悩んだ末に行き着いた答えは「未だ辿り着かない」

 

その時間も無駄ではないと思います。

80年間の寄り道も、ありなんじゃないかなあ。

指一本触れずに交わす約束に 壁の向こうの夜は短し

 

そういえば、『もののけ姫』が放送されていました。

あれは先週だっけ。

 

テーブルを挟んで座る金曜日 「シシ神様」が朝日を浴びたり

久しぶりに会った友人に、

「怪しいカルト集団に仲間入りしたのかと思った」と言われました。

twitter上の荒井は、どうやらそのように見えたらしいです。

荒井は大丈夫です。たとえカルト集団に仲間入りしたとしても、とにかく大丈夫です。

 

ぽつぽつとまた書いてみます。

実はバンドをやっていた時期がありまして、その時に作ったwebサイトでもちょっとだけブログを書いてたんですよね。

自作短歌も載せたりして。

 

これをしろそれはするなというように命令形だ がんばれだって

 

過去にハマったものというのは、時間をおいてもやっぱり好きなようです。

短歌、割と載せるかも知れません。