小さく壊す

荒井です。

最近運転免許取りました。もちろんAT限定です。

 

生物学によれば、人間は小さく捨てたり小さく壊したりを繰り返すことでいつも同じような状態でいることができるといいます。

「動的な平衡状態」と呼ぶみたいです。

 

これは細胞レベルの話ですが、僕らの生活に当てはめてみると、身の回りの物とか人間関係とかにまで同じようなことが言えるんじゃないでしょうか。

 

新しい服をごそっと買うと、今まで来ていた服がいかにくたびれていたか、その時になってはじめて気づいたりします。

ちょくちょく買って、ちょくちょく捨てることで、常時アップデート。

 

不満を溜め込むことはせず、うまく伝えていくことで、関係をうまく維持できる。

さらっと書きましたが、それができていたら苦労しない、というところでしょうが、、、。

小さく壊していく。

 

組織に当てはめても、そう。

常に、少し壊して、少し新しくしていく。

 

人間による活動は、きっとこうあるべきなんだと思います。

 

今日も「荒井の随筆」を読んでいただきありがとうございます。新陳代謝を良くするのさ。