「だから何だよ!」

山田航という歌人が出した短歌アンソロジー『桜前線開架宣言』の中に、こんな一節があります。

「だから何?」と「だから何だよ!」の違いはとても大きい。

他者を力ませてしまうパワーは、ファンキーな感覚なしでは生みだせない。

 

「ただごと歌」というジャンルの歌人に対する解説文の一節ですが、これとても好きなんですよね。

「なんとなく、わかるなぁ」としっくりくるので、好きなんです。

 

仮に同じようなことを伝えた場合でも、「だから何だよ!」のレベルにまで持っていくには結構なパワーを要します。

何でもないことだとしても、自分のパワーをどれだけ消費して伝えたのかによって、この反応が変わってくると思うんです。

 

僕にとって「だから何だよ!」はトップクラスの賛辞です。