読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ムダ弾

「会話が上手く続かない」とか「聞き上手ではない」とかいう悩みがあって、

それを改善したいと思っている人には、糸井重里さんの対談記事や本を読むと良いと思います。

内容自体も面白いのですが、糸井さんの聞く姿勢というのがとても参考になります。

 

いわゆる「雑談力」と「質問力」の中庸をいくような発言、といったら良いのでしょうか。

 

例えば『海馬:脳は疲れない』という本の中で糸井さんはこんな発言をしていて、

それがすごく気に入っています。

 

相手についていこうと思っているかぎり、絶えず会話のムダ弾を撃って、相手のことをわかるための糸口を探せるんです。 

 

 この「会話のムダ弾」って表現がすごく好きなんですよね。

 

本書の中でも、専門的な話に対して糸井さん自身の経験を基にコメントし、そうすることによって内容がより深まっていく、という場面が何度もあったように記憶しています。

 

そもそも相手に興味がなかったらもうどうしようもないのですが、

そうでないのであれば、ムダ弾をバンバン撃つことで人との会話が格段に面白くなっていくと思います。